岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷1-12-23
06-6777-9308

岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

ブログ

BLOG

季節の変わり目に


こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

最近は少し涼しく、過ごしやすい日が続いています。

過ごしやすい秋ですが、油断してはいけません。

季節の変わり目でまだ身体が夏仕様のままであれば、秋の冷え込みに弱って、

思わぬ重病にかかってしまう事ありますので十分注意が必要です。

低温・低湿度を好むウイルスの活動が活発になり、感染症にかかる人が増える時期です。

気候が涼しくなり、スポーツ等で野外に出る機会も多くなり、

人と接することで感染が広がりやすくなります。

気温が寒くなって体の免疫力が低下していることも、感染症にかかりやすくなる原因です。

季節の変わり目にかかりやすい感染症をいくつか紹介します。

「胃腸炎」胃腸炎を引き起こすのが、ノロウィルスとロタウィルスです。

ノロウィルスに感染した場合、嘔吐・下痢・腹痛などの症状があらわれます。

ロタウィルスは特に乳幼児に感染しやすいウィルスです。

どちらも感染力が強いウィルスなので、吐瀉物などを処理する際には注意しましょう。

 

「食中毒」食中毒は夏に多いイメージがありますが、実際に最も多いのは10月頃です。

運動会など外で食事をする機会が増えていること、夏バテを引きずって免疫力が低下している事などが原因です。

魚介類に含まれるサルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌から食中毒を起こすので、生魚には特に注意しましょう。

 

「呼吸器疾患」秋は肺が弱くなり、抗病力が弱くなる時期でもあります。

もともと喘息持ちのお子様は発作が増えるので注意しましょう。

また秋の花粉症がはやり始めることにも留意しておく必要があります。

秋の花粉症はブタクサが主流で、スギ花粉やヒノキ花粉に比べれば軽症で済みますが、

それでも副鼻腔炎(蓄膿症)を併発するかもしれないので油断は禁物です。

 

「季節性うつ病」秋冬独特のうつ病というものがあります。

体はまだ夏モードなのに、脳は冬モードで休みがちという状態が原因です。

体は夏の活発さを感じて動きたがるのに、思うように体が動かなくて気分が落ち込む事になります。

気分が落ち込む以外に見られる症状が、無性に眠たくなる、過眠や甘いものが欲しくなる過食です。

 

寒さを感じたら温まり、ゆっくりとお過ごしください。

pagetop