岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷1-12-23
06-6777-9308

岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

ブログ

BLOG

乳児期のむし歯になりやすい部分は?


こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

乳児期は歯磨きを嫌がったり、歯もまだ発達途中で虫歯になりやすい時期です。

虫歯になりやすい部分を確認し、虫歯を防ぎましょう!

 

2歳までに虫歯になりやすい場所は、上の前歯の表側です。

赤ちゃんを寝かしつけるために哺乳瓶に牛乳や乳酸飲料、

スポーツ飲料などを入れて頻繁に飲ませることでできる虫歯です。

お母さんのお乳では砂糖が入っていないために起きませんが、

上記の飲み物を哺乳瓶に入れて飲むことで、

糖分の含まれた液体が歯の表側に停滞します。

それが原因となり虫歯になりやすいです。

 

2~3歳で虫歯になりやすい場所は、上の前歯の隣り合った面です。

大人と似た食事を食べるので、歯と歯の間に汚れが残りやすくなります。

仕上げ磨きでフロス(糸ようじ)を使うと予防できます。

3~3歳半くらいまでは奥歯の咬み合わせの面に虫歯ができやすくなります。

溝に食べかすが残ったりして、子供自身のハミガキでは取り切れません。

仕上げ磨きで膝枕をしながらよく見て磨きましょう。

 

3歳半以降は、奥歯の隣り合った面に虫歯ができやすくなります。

これもフロスをしっかり通しましょう。保護者の方がやってあげないと、

子供のハミガキだけではどうしてもきれいにするのが難しい場所です。

甘いものばかり食べたり、ハミガキが上手にできていないと

どんな場所でも虫歯になります。

おやつの種類をコントロールしたり、一緒にハミガキをしたりして、虫歯を防ぎましょう。

 

 

pagetop