岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷1-12-23
06-6777-9308

岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

ブログ

BLOG

合わない入れ歯を使用していると・・・


こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

歯を失った際に、その歯を補うための方法はいくつかあります。

その中の一つ、入れ歯に関してのお話です。

歯を失った際、入れ歯(義歯)を選択される方もいらっしゃいます。

入れ歯は高齢者の方が使用するイメージが大きいと思いますが、

若い方でも歯を補うために使用することもあります。

決しておじいちゃん、おばあちゃんのものではありません。

入れ歯は自分の歯を削るブリッジ(歯と歯を橋のようにつなぐ被せもの)

とは異なり、ほぼ自分の歯を削りません。

また、インプラントのように長い治療期間を要したり、

金額が高額になる事もありません。入れ歯は保険が適用します。

 

しかし、入れ歯は作っても使用しないことや、使用しない期間が発生したりします。

その際に、合わなくなった入れ歯を使用することはリスクが伴います。

リスクをいくつかご紹介すると

1.咀嚼によって入れ歯の歯がすり減ってしまい、上下の噛み合わせに変化ができて

入れ歯が合わなくなってくることもあります

2.入れ歯についた食べものかすやプラーク内の細菌により入れ歯が変質してきます。

唾液中のカルシウム分が沈着し歯石のようになってしまい、

入れ歯の床に付いてお口の粘膜が炎症を起こすこともあります。

3.合わない入れ歯を使い続けていると、噛み合わせが悪くなることがあります。

当然、入れ歯の噛み合わせが悪いままだとちゃんと噛めないので

柔らかいものばかり食べるようになってしまい、栄養のバランスが乱れてしまいます。

 

以上のようなトラブルが発生する恐れがあります。

もし期間が空いてしまった入れ歯などがあれば、無理に使用せず

一度歯科医に診てもらうことをおすすめします!

pagetop