岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷1-12-23
06-6777-9308

岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

ブログ

BLOG

マウスピースは歯医者さんで作ろう!


こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

顎関節症の歯ぎしりやくいしばりでマウスピースをすすめられたり、考えることはありませんか?

歯ぎしりとは歯をノコギリのように擦り合わせたり、

強く歯を噛みしめたりする動作のことを言います。

それによって自身の歯が削れ、しみや痛みが起こる症状です。

歯ぎしりは無意識のうちに行っている人がほとんどです。

自分では気が付かず、家族に言われるケースが多いです。

特に多いのが睡眠中です。

歯ぎしり・くいしばりはストレスや生活習慣、歯並びの状態によって引き起こされます。

 

歯ぎしりやくいしばりにはマウスピースによる予防がおすすめです。

マウスピースを装着することで歯ぎしりをしても、

歯や歯ぐきに負荷がかからなくなります。

歯が損傷するのを防ぎ、顎への負担も減るので顎関節症の予防にもつながります。

 

薬局などで市販でマウスピースを購入することはできます。

市販のマウスピースは性能としては、歯医者で作ることができるオーダーメイドの

マウスピースに比べるとおすすめできません。

市販のマウスピースには大きく2種類あり、

1つ目はお湯に浸けて、マウスピースを柔らかくして歯にはめることで

型をとるセミオーダーメイド式のものがあります。

2つ目は形が決まっているフリーサイズのものがあります。

 

どちらもマウスピースが出来上がりますが、歯科医院で作るものとフィット感、素材が異なります。

 

マウスピースの誤った使い方をすると、逆に顎を痛めたり、歯にダメージとなる場合があります。

必ず歯科医師にご相談して作ることをおすすめします⭐

 

pagetop