岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷1-12-23
06-6777-9308

岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

ブログ

BLOG

矯正は乳歯のうちに??


こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

最近ではお子さんの矯正が増えてきています。

矯正は乳歯の間にした方がいいの??

生え変わる乳歯で矯正治療をしていいの?

こんな疑問を持つ方も多いはずです。


乳歯のうちに矯正治療を行うと、永久歯が生えそろった後に

矯正治療が必要なときの抜歯のリスクを減らします。

歯並びが悪い場合、かみ合わせも悪くなり顎も歪みやすいです。

乳歯が生えている時期は成長段階にあるため、顎の骨にも影響を与えやすいのです。

乳歯がある状態の矯正治療にはこのようなメリットがあるため、

矯正治療を行う子どもが増えてきています。

お子さんの矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、

永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

1期治療:乳歯と永久歯が混じった時期の治療で、主に成長を利用した治療を行ないます

2期治療:歯の1本1本に装置をつけ、歯の根までコントロールして最終的な咬み合わせを作ります

 

お子さんの場合1期・2期と治療段階がわかれている為、

大人の矯正と金額に大きく差があります。

1期治療だけで終わるケースもあります。(※個人差があります)

 

お悩みの方はご相談も可能です。

 

 

pagetop