岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷1-12-23
06-6777-9308

岡歯科医院桃谷おとなこども歯科・矯正歯科

ブログ

BLOG

親知らずは抜くと痛む??


こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

大人になると家族や友人で親知らずの話をしませんか?

どこに生えているという事や、生え方・抜き方などを話すことはないでしょうか。

親知らずの抜歯というと怖いイメージがありますね。

しかし、親知らず抜くことが全て強い痛み・腫れを伴うわけではありません。

 

親知らずとはどんな歯でしょうか?

親知らずとは口の中の一番奥に生える歯です。

歯科では前歯から8番目の歯の第三大臼歯のことをいいます。

通常10代後半から20代前半に生えてきます。

幼少期とは異なり、親が生え始めを知らないことから「親知らず」と呼ばれています。

親知らずは、全て生えれば上下左右に1本ずつの計4本が生えてきます。

歯が斜めや横になって生えてくることもあり、

半分が歯茎に埋まった状態のままの人・親知らず自体がない人もいます。

 

「親知らずは抜くもの」というイメージがあります。

しかし実際は抜かなく済む場合もあります。

真っすぐきれいに生えていて、噛み合わせにも問題がなければ無理に抜く必要はないでしょう。

 

下記に親知らずを抜いたほうが良いケースの例をあげます。

1.まっすぐに伸びる見込みがない

2.親知らずや手前の歯が、虫歯や歯周病になっている

3. 親知らずによって歯並びに影響が出る

4. 親知らずが噛み合わない

親知らずは最後に生える歯のためスペースがない場合は

まっすぐに生えてこないケースがあります。

横向きや斜めに生えるだけでなく、骨の中に埋もれたまま出てこないことも少なくありません。

その場合は歯磨きが難しくなり、虫歯や歯周病につながるため早めの抜歯が必要です。

まずはレントゲンなどで診査をおすすめします!

pagetop